vol.3
世界にひとつのオリジナル壁紙ができる! デジタルプリント壁紙とは?

⻘い空と⻘い海に、緑のヤシの⽊…壁に描かれた南国リゾートの⾵景。
実はこれ、壁紙なんです! いま壁紙界で注⽬を集める「デジタルプリント壁紙」といわれるもの。
その制作⼯程を、株式会社TABATAで⾒せてもらいました。

まず、パソコンで壁紙にするグラフィックを90cmの壁紙サイズに分割し、⼤型のインクジェットプリンターで印刷します。フルカラーで出⼒されてくる壁紙は、写真そのままのような鮮やかさで、とてもきれいな仕上がりです。しかも、そのスピードが速い! あっという間に壁紙1枚の印刷が終わりました。

そして、印刷された壁紙を横へつなげていくように張れば完成です。横につなげる枚数を増やすことで、どれだけ⼤きな壁でもオリジナルの壁紙を張ることができます。反対に、1mから注⽂可能なので、トイレのような狭い壁⼀⾯をアクセントウォールにしたり、アクセントパネルのように使ったり、⼩さな⾯積だけに使⽤することもできるそうです。

しかも、写真でもイラストでも対応可能。TABATAでは、写真・パターン・イラストが集められたデザイン集から好きなものを選べる「イージーセレクト」と、完全オーダーメイドの「フルオーダー」という、2つの注⽂タイプが⽤意されています。
「⾃分で撮影した写真やお⼦さんの写真、お⼦さんが紙に描いた絵も、壁紙にすることができるんですよ」と、GRAPHIC WALL部の波多野汐莉さんが教えてくれました。
「家にいる時間って⼤切ですよね。家族みんなでいる空間が、もっと楽しくて明るくなるような壁紙を提案したかったんです」と、代表取締役の⽥畑佐稔さんも話します。
「店舗やオフィスでオリジナルの壁紙を張るところは増えているのですが、住宅でももっと取り⼊れてほしい。だから、本来は施⼯会社ですが、オリジナル壁紙の制作を始めました」(⽥畑さん)

オリジナル壁紙の制作から壁に張るまでを⼀貫して任せられるのも、TABATAの特徴です。ほかにはない雰囲気を出せるのが魅⼒のオリジナル壁紙ですが、絵柄がずれないように張らないといけないなど、⾼度な技術が必要だと⾔います。実際、TABATAの事務所に張られた南国リゾート写真の壁紙は、どこに継ぎ⽬があるのかまったく分からないほどで、確かな職⼈技に感⼼させられました。

壁紙の可能性を広げたデジタルプリント壁紙。今後の展開がとても楽しみです!

今回の取材に協力いただいたのは、
Re壁会員の

株式会社TABATA

神奈川県相模原市中央区⽥名8568-1

Tel:042-760-7550

Mail:hatano@i-tabata.co.jp

受付時間:9:00~ 18:00

定休日:日曜・祝日