vol.10
世界初!?全室、壁紙が違うホテルが京都に誕生!

今年7月、京都に画期的なサービスを提供するホテル、朱雀館 SUZAKU CROSSINGがオープンしました。注目すべきは、その内装。なんと、全40室すべての壁紙が自然素材で、しかも全室に違う壁紙が使われているのです。一体、どんなホテルなのか、全貌をご紹介します!

かつて平安京があった朱雀大路(現在の千本通)に位置する朱雀館。周囲は昔ながらの商店街と住宅に囲まれ、観光地・京都にありながら比較的落ち着いた雰囲気です。そんな中に佇む朱雀館の特徴は、“暮らすように泊まれる”こと。
「オーナーが京都出身で、『地域に根ざした京都の魅力を味わってもらいたい』という思いから、このホテルが誕生したんです」と、朱雀館のスタッフ・田附恵一さんが教えてくれました。それを象徴するかのように、ホテル入り口には寺社などでよく目にする五色幕が京都らしく旅人を迎えてくれます。
「古来から伝わる中国の自然思想、五行思想が朱雀館のテーマです。5階建ての各フロアに“木火土金水”を割り当て、それぞれのテーマカラーで統一しています。もともとオーナーがシンコールの見本帳『ウォールプロ』の和のシリーズをとても気に入っていて、これを全室に入れたいという希望から、内装はシンコールインテリアさんにお願いしました」

依頼を受けて立ち上がったのが、シンコールインテリアの金谷彰夫さんです。
「現在の日本では、自然素材の壁紙を居住スペースに張る機会は本当に少ないんです。織物や和紙の壁紙は光の反射の仕方や音の跳ね返しなどが独特で、とても居心地のいい空間になるのですが、サンプルだけではなかなか分かってもらえません。それをキッチンも付いている長期滞在型のホテルで体感してもらえるのは、とても面白いと思いました。壁紙選びの基準は、まず自然素材であること。
そして、緑赤金白青というテーマカラーに合うものから、織物や手漉き和紙などできるだけ素材のバリエーションを見せられるように選びました。各部屋で壁紙を体感してもらえるだけでなく、その柄や素材の由来を記した説明パネルをつけていて、ホテル全体が壁紙の体験型ショールームのようになっています。日本メーカーの技術力の高さを体感してもらって、より多くの人が壁紙に興味を持ってくれたらいいなと思いますね」

ホテルの各部屋を回ると、間取りは同じでも壁紙が変わるだけで、部屋の印象がまるで変わることに驚かされます。しかも、これまで日常生活では見たことのない壁紙ばかり。
パルプ素材で描かれた凹凸のある柄が立体感を生み出す不織布壁紙、ネパールの手漉き紙に手作業で模様を施したロクタ手漉き紙壁紙、サイザル麻を織り上げたナチュラルテイストの壁紙。

紙をよって作った糸を布のように織り込んだ紙布(しふ)壁紙、縁起物とされる滝を昇る鯉が優雅に描かれた紙壁紙。

金色のアルミ箔を箔押ししたゴージャスな箔壁紙、ジャガード織りが生み出す独特の光の反射が美しい濃淡を見せる織物壁紙、紙の上に積み重ねられた雲母(きら)が角度によって輝きを変えるマイカ壁紙。

繊細な光の反射が優しい空間を生み出す和紙壁紙、大理石の一種である寒水石を粉砕して柄付けした美しい光沢の寒水石壁紙、紙の上に振りまいた蛭石(ひるいし)が鈍く光る独特の質感を持った蛭石壁紙。

もみ殻を粒子状にしたもので模様を描いたもみ殻壁紙、角度によって複雑に光沢が変化するパルプロック壁紙など・・。
様々な素材の壁紙は、朝昼晩で色味や輝き、表情を変えるといいます。だからこそ、その空間の居心地の良さは、ひと晩過ごしてはじめて分かるもの。まさにホテルだからこそできる体験です。

画期的なサービスは壁紙だけではありません。入り口はすべて暗証番号による電子キー、各部屋には食器類や電子レンジ、洗濯機など生活に必要なものがひと通り揃い、レンタルサイクル(有料)も用意。ホテル入り口付近には、地元・京都住民のオススメするスポットがカードになって並べられ、好きな旅カードを選んで自分だけのガイドブックを作れます。
過剰なサービスはおさえ、利用客が自分の家のようにくつろげる空間を提供し、好きなように旅をカスタマイズしてもらう−−。情報過多が叫ばれる現代のニーズを汲み取ったサービスといえるでしょう。ホテルの想いは英語名「SUZAKU CROSSING」にも表れていると田附さんは言います。
「朱雀館は京都の碁盤の目が交差する場所であり、現代の京都の暮らしと古き良き街が体感でき、千年の都・京都の歴史と世界中から訪れる観光客がここでクロスする−−。様々な人の想いが自由に交差する場所でありたいという思いから“SUZAKU CROSSING”と名付けました」
京都の新しい滞在の形と、日本の壁紙の魅力を味わえる朱雀館。ここに来れば、いつでも何かしら“新しい出会い”が待っていそうです。

今回の取材に協力いただいたのは、

朱雀館 SUZAKU CROSSING

京都府京都市上京区六番町368

Tel:075-461-1311

Fax:075-461-1322

Mail:info@suzakukan.jp

Re壁会員の

シンコールインテリア株式会社大阪企画課

大阪府東大阪市長田東3-3-13

Tel:06-6747-5350

Fax:06-6747-5730

定休日:土(第四・五除く)・日曜、祝日、年末年始