リフォームは壁紙にもこだわろう!イメージ別、壁紙の選び方

kabe_writer
kabe_writer
はじめに
せっかくのリフォーム!毎日を過ごす我が家をもっと素敵に、もっと快適に感じるようにしたいですよね。 とりわけ、お家のリフォームをするときに欠かせないのがRe壁(壁紙の張り替え)。 どのような壁紙を選ぶかが、お部屋やお家全体の印象を左右する鍵になったりもします。 「これがいい!」という好みがハッキリしている方にとって、各社メーカーがずらりと取り揃えた豊富な壁紙のラインナップは理想によりぴったりな壁紙を探すのに大きな助けになってくれるでしょう。

ただ……もう少し理想が漠然としている方にとっては、むしろこのたくさんの壁紙たちが悩みどころだったりしませんか? 「たくさんありすぎて、何を選べばいいのやら……」と途方に暮れている方へ、『どんなお部屋の印象にしたいのか?』で分類して、壁紙選びのポイントを解説させていただきます。 さあ、それでは早速見ていきましょう!

 

清潔感をもっと!爽やかな部屋にしたい

明るい印象の部屋画像

部屋を爽やかで明るい印象にしたい場合は、ズバリ!明るいトーンの色の壁紙がオススメです。 特にブルー系やイエロー系の中でも明るめでやわらかい色合いを用いると、空間自体がふんわりと明るく、軽やかに感じられ、全体的に爽やかなイメージの空間となります。 明るい木目調の壁紙も、ナチュラル感と爽やかさを一度に演出してくれるのでオススメです。

また木目にペイントを施したようなデザインの壁紙もありますので、「ブルー系+木目調」という爽やかマックス!な壁に仕上げることも可能です。 素材は、色・テクスチャーともに種類が豊富なビニル系壁紙から主に選ばれるケースが多いとは思いますが本物志向の方には、素材系壁紙もオススメです。 麻や紙、珪藻土など、本物の素材を使用した壁紙は光をほどよく吸収し、その表情のふくよかさや陰影が爽やさ・明るさだけでなく、こだわりも感じさせる空間に仕上げてくれます。

 

落ち着きがほしい。シックな部屋にしたい

シックな印象の部屋画像

落ち着いたシックな部屋に似合う色の壁紙、と聞いた時に何色を連想されますか? ブラウンやグレー、パープルなども含まれるかもしれませんが、そのどれもが暗めの色だと思います。 「暗い色の壁紙を張ると、暗い部屋になるんじゃないの?」 「圧迫感が出そうで心配」 そんな声が聞こえてきそうですが…… 上手に使えば、ワンランク上の贅沢感のある空間や、しっとり落ち着いた大人な雰囲気を作り出すことができます。

暗めの色の壁紙でも、特に万能なのはブラウン系です。 モダン・クラシック・ナチュラル・和風と様々なテイストにすんなりと馴染みやすい色です。 もう少しスタイリッシュでモダンなイメージがお好みの方にはグレー系がオススメです。 また、パープルや、最近では深いグリーンも人気色で、落ち着きがありながらも個性が感じられるお部屋を作りたい方にぴったりです。 色に加え、テクスチャーでもシックなイメージをより強くすることができます。

暗めの壁紙を使った部屋画像

落ち着いた中にも柔らかさの欲しい方には、ざっくりとした織物を模したもの、贅沢感を演出したい方には、太陽や照明の光が当たるとチラチラ光る小さなラメが散らされたもの、少し重厚感のあるナチュラルを意識したい方には、深い色のオイルを染み込ませたような木目を再現したものがオススメです。

実は暗めの壁紙を選ぶ時、このテクスチャーの影響が侮れません。 しっとり落ち着いたお部屋に欠かせない間接照明ですが、その光が当たった時の印象が驚くほど違います。 サンプルを貰えるメーカーさんもありますので、気に入った壁紙は是非、実際に光が当たっている時、当たっていない時の表情を見て、選んでみてください!

 

人と同じはイヤ!個性的な部屋にしたい

個性的な印象の部屋画像

自分だけの空間を作りたい!という思いが強い方には、柄や色のインパクトが強いものをオススメします! 大きな植物の柄やアンティークレンガの柄、エイジング加工された木目調、大胆なカラーの幾何柄模様、大理石の柄など個性的で大きな柄物が様々なメーカーから発売されていますが、今回はその中でもキャラクター柄の壁紙をご紹介したいと思います。

キャラクター柄といえば、子供部屋!だけだと思っていませんか? 実は最近のキャラクター柄は大人カワイイも意識した商品が多数あるんです。 キャラクターをそっと忍ばせたような柄は、大人も取り入れやすい落ち着きがありつつも、大好き!という個性を発揮するには最適。 中にはキャラクターものだと思えないくらいスタイリッシュな壁紙もあります。 お好きなキャラクターであれば、迷わず選びやすいですよね。 個室はもちろん、トイレや家事室の一角など、初めはポイントとして取り入れてみるのも気軽でオススメです。

 

まとめ

Re壁る(壁紙を張り替える)のは、お部屋の雰囲気をガラリと変えるのに一番効果的と言っても過言ではありません。 わくわくして元気になる、ゆったりした気持ちになる、静かで落ち着いた雰囲気が欲しい。 そのお部屋でどのように過ごしたいか、それを軸に壁紙を選ぶのが理想への一番の近道かもしれません。 せっかくの壁紙選び。 理想への第一歩を楽しんでください!