Re壁Voice(ボイス)タイトル Re壁Voice(ボイス)タイトル

File #20

オンラインでできる低価格インテリアコーディネートサービス

オンラインでできる低価格インテリアコーディネートサービス

株式会社 ASHBERY
代表取締役社長
武藤 諒俊さん

Re壁ボイス 株式会社ASHBERY 代表取締役社長 武藤諒俊さん

Re壁Voice 株式会社ASHBERY 代表取締役社長 武藤諒俊さん

株式会社ASHBERY 代表取締役社長 武藤諒俊さん

インテリアコーディネートは、新築を建てるときやリフォームするとき、または引越しや模様替えの際に家具やカーテン、照明などの商品選定や配置の提案、新しい生活のプロデュースなどをすること。
専門知識が必要なサービスをオンラインで提供している株式会社 ASHBERYの代表取締役社長である武藤諒俊さんに、オンラインインテリアコーディネートサービスや今後の壁紙に期待することなどについておうかがいしました。

  • --どのような事業をされているのでしょうか。

    インテリアコーディネートを誰でも簡単にオンラインで発注できる「KAREN」というサービス運営とホームステージング事業をしています。

    --まず、KARENについて教えてください。

    KARENとは、インテリアを選ぶことに自信がない方に、お手軽にプロにインテリアコーディネートを依頼をしてもらおう、というサービスです。

    --プロにお願いするのは敷居が高いような感じがしますが…

    インテリアは配置や組み合わせが難しいのはもちろん、アイテムの選び方や床や壁、空間の大きさやお客様ご自身の好みやライフスタイルであったりと、考えないといけない要素がとても多いんです。
    さらに家具をネットで選ぶ時も、色々なサイトに様々な商品が点在しているのでアイテムを探すだけでも凄く時間かかると思うんです。

    そこで、KARENではインテリアコーディネーターがお客様のご要望を聞いた上で、実際の写真のようなリアルな3Dイメージをご提案しています。そして、3Dに使用したアイテムを1点からでも一括でも購入できるようにしています。

    通常、コーディネーターに依頼すると数十万円かかってしまう場合もあるインテリアコーディネートですが、KARENでは初めての方でも試してもらいやすい、一部屋あたり約8000円という価格でご提案させていただいています。

  • Re壁Voice 株式会社ASHBERY 代表取締役社長 武藤諒俊さん
    PROFILE
    武藤 諒俊 さん
    学生の頃から様々な企業にインターンとして働き、その中でアメリカのデザインコンサルの企業で働いたことをきっかけにデザイナーに。
    帰国してからはフリーランスでデザイン事業をしながらリクルートに入社。その中で新規事業の立ち上げに3回携わり、その際に起業を決意。
    2018年7月に会社を設立。現在は武藤さん含め数名のスタッフが在籍している。

--なぜこの価格が可能になったのでしょうか?

KARENのサービスは、コーディネートのご依頼からご提案まで全てオンライン上で行なっています。
今までとても手間がかかっていたコーディネート作業に必要なお客様からのヒアリングだったり、現地に赴かなければならなかった作業を全てオンラインで行うことで、掛かる時間を短縮でき、これだけの低価格を実現することができました。

--「実際に見に来て欲しい」などの要望はありませんでしたか?

案外ありませんでしたね。お客様の自由な時間で部屋のサイズを測っていただき、ご相談内容もサイト上で入力してもらいます。
お客様としても時間の融通が効き、手軽に相談できると思われるのではないでしょうか。

  • Re壁Voice 株式会社ASHBERY
  • Re壁Voice 株式会社ASHBERY


--ちなみに、今までで一番難しいと思われた相談はどのようなものでしたか?

作りたい部屋のイメージが固まっているお客様へのご提案は難しいですね。
お客様の作りたい部屋と置きたいアイテムの組み合わせがベストではない場合があります。お客様に、まずそのアイテムはベストでないかも知れない、というご提案をしなければならないこと、KARENならもっと良いご提案を出せます、ということを伝えるコミュニケーションのやり取りは、オンラインゆえのもどかしい部分ではあります。
他には、今ある家具をそのままいくつも使いたい、とご希望された時でしょうか。イメージはガラッと変えたいけど家具はそのままで、といったご要望はなかなか手強いご相談でしたね。

--コーディネートのご依頼はどのような方からが多いですか?

北海道から沖縄まで日本全国の方々からご依頼をいただいています。ご依頼いただく年齢層は30代前半の女性の方が多く、ライフステージの切り替わる瞬間でご依頼いただくことが非常に多いと感じます。
また、割合としては6:4くらいで模様替えと引っ越しが多いですね。

Re壁Voice 株式会社ASHBERY 代表取締役社長 武藤諒俊さん

--1部屋だけではなく、家全体のコーディネートされたりもするのでしょうか?

そうですね。「リビング1部屋」などのご依頼も多いのですが、「リビングが良かったのでベットルームも」や「一気に3LDK全てお願いします」というご依頼もいただいたりします。

--ご依頼を受けてからご提案されるまで、どのくらいの日数がかかりますか?

コーディネート自体はだいたい長くても5日ほどで、そこから3Dモデリングなどしていくので、ご提案まで合わせて10日〜14日ほど頂戴しています。

Re壁Voice 株式会社ASHBERY

--レンタル家具のご提案などもされているとのことですが、そちらのサービスについても教えてください。

株式会社 CLAS(クラス)という企業が製造している家具をコーディネートの中でご提案しています。CLASの場合、レンタル料金は月々いくらという形なので、買うと数十万かかる家具も気軽にお部屋に置けるという利点があるんです。

  • --LINEでの無料相談もあるとおうかがいしました。LINEではどのような相談に乗っていただけるのでしょうか?

    基本、全てのご相談をおうかがいしていますが、具体的な商品のご提案や3Dの作成などは承っておりません。
    例えば「こういう雰囲気にしたい」や「こういう色の壁と床で、こんなテイストの部屋に合うカーテンを教えて欲しい」などのご相談にお答えしています。違った雰囲気も出せるこんな商品もありますよ、などコーディネーターからの提案もさせていただいています。

    --お部屋に飾るアートなども提案してもらえるのでしょうか?

    アートだったりウォールグリーンだったりインテリアに関係することは全てご提案可能です。
    ウォールグリーンを置くといい感じにリッチな感じが出せるので、雰囲気を求められるお客様にはよくご提案しています。

  • Re壁Voice 株式会社ASHBERY 代表取締役社長 武藤諒俊さん

--もう一つの事業であるホームステージングについても教えていただけますか?

不動産会社さんからご依頼を受けて3Dイメージを作成しています。
既存のホームステージングでは家具を全て買い揃えないとできませんでしたが、弊社は3Dでの提案なのでその必要がありません。画像が用意できれば媒体に掲載も可能ですので、反響を増やしたいと思われた不動産会社さんからのご依頼をいただいています。

--反響はどうでしたか?

ホームステージングした家具をそのまま揃えたいなどのご要望もいただき、反響は非常に良いですね。

Re壁Voice 株式会社ASHBERY

--今、考えられてることや伝えたいことなどはありますか?

今現在、インテリアとインテリアコーディネートという2つの業界で事業をしているのですが、インテリア業界では安いものが求められる業界構造になってしまい、価格破壊が進んでいます。
売れば売るほど業界が疲弊するような構造になってしまっていますが、それは良い流れではありません。「安いだけが良いわけでは無い」ということをお客様に訴えていかなければ、と思っています。

そのためにもインテリアコーディネートの浸透が必要と感じていて、「インテリアを変えると生活が変わる」ということを実感してもらうために、お客様にベストなインテリアをご提案し、同時に業界にも働き掛けながら業界全体の底上げになるビジネスモデルを作りたいと思っています。

インテリアコーディネートは難しいのでプロに頼んだ方が良いと思いますが、現状では価格が高すぎるかなと思います。
その溝を埋められるのがKARENではないかと思っていて、将来的に、コーディネートに自信がない方はプロに依頼するという文化が根付けばいいなと思っています。
そして、KARENを見てくれたインテリアに興味がある方達が、リモートワーカーとしてKARENで好きな仕事に就いてもらえるような環境も作っていきたいと考えています。

--最後になりますが、壁紙について「こういうのがあれば面白いな」と思われるものはありますか?

お客様でも手軽に設置できる存在感を出せる壁だったり、色だけでなくお部屋のアクセントにもなるような壁があれば良いなと思います。

その他には、壁に穴を開けないと設置できないような棚があるんですが、そんな棚でも設置できる原状回復まで見据えた壁があれば、私たちのコーディネートの幅が広がるのではないかと思います。

Re壁Voice 株式会社ASHBERY 代表取締役社長 武藤諒俊さん

  • 今回おじゃましたのは...

    オンラインのインテリアコーディネートサービス


Re壁Voiceタイトル Re壁Voiceタイトル

- BACK NUMBER -

  • Re壁ボイス 補正下着専門店 Chabi 原知佳さん
  • File No.21 2019.05.30 UP
  • 育乳ブラ&補正下着専門店 Chabi株式会社 ランジェリーデザイナー 原知佳さん
    いつもいつまでも美しく。女性の願いを叶える夢の空間。
    自らも補正下着によって美ボディを手に入れたというランジェリーデザイナーの原知佳さんに魅力ある商品づくり、またインテリアデザイナーの知識や経験を生かしたお店づくりについても語っていただきました。

  • Re壁ボイス ふすまっくす 松岡 健一さん
  • File No.19 2019.05.21 UP
  • 松岡表具店代表 1級表具技能士 松岡 健一さん
    日本の伝統と現代性をあわせた新しい楽しみ方を。
    伝統と現代性をあわせた表具・表装の新しい楽しみ方を、創業40年以上にわたって表具屋を営む松岡表具店の代表 松岡健一さんにおうかがいしました。

  • Re壁ボイス おうちソムリエ 松元さん
  • File No.17 2019.05.10 UP
  • おうちソムリエ 一級建築士事務所 代表 松元 幸樹さん
    壁紙はインテリアではなく、
    建築。

    壁紙によって設計を変えていく、という設計事務所があります。
    お客様のイメージやセンスをよく聞いて、住まいの外側だけでなく空間づくりから考えると話す、おうちソムリエ 一級建築事務所の松元幸樹さん壁紙との付き合い方についてお話をうかがいました。

  • Re壁Voice 有限会社ナンクルナイサァーケアネット 代表 乾亮二さん
  • File No.16 2019.05.08 UP
  • 有限会社ナンクルナイサァーケアネット 代表 乾 亮二さん
    おしゃれな壁紙にも癒される、カフェのある介護施設。
    重度障害者向けのデイサービス施設をつくり、事業を展開している、有限会社ナンクルナイサァーケアネット 代表・乾亮二さん。
    利用者はもちろん、働くスタッフや地域の人たちにも居心地のいい空間にするために提案したという内装のイメージや壁紙についてお話を伺いました。

  • Re壁ボイス 体験型民泊CYCLESTAY 三枝さん 鈴木さん
  • File No.14 2019.04.12 UP
  • FURUEL株式会社 建設事業部 三枝広章さん・二級建築士 / インテリアコーディネーター 鈴木恵里花さん
    民泊のリノベーション技「壁紙は最後のお化粧」
    クロスバイクでサイクリングを楽しめる体験型民泊。利用者専用のクロスバイクも完備。日本の良さを伝えるために内装にもこだわった民泊の新しい形。

  • Re壁Voice 渋谷ホテル えん 支配人 北川康太さん
  • File No.13 2019.04.10 UP
  • SHIBUYA HOTEL EN 支配人 北川康太さん
    日本の文化、“クールジャパン”を体現した壁紙
    オンリーワンな存在感を放つ内装で、国内にとどまらず海外からの旅行客の間でも評判になった「渋谷ホテル えん」。宿泊客にとって理想的な空間設計とはー。