Re壁Voice(ボイス)タイトル Re壁Voice(ボイス)タイトル

File #11

もっと自由に、もっと遊んで、自分たちの家を楽しもう

もっと自由に、もっと遊んで、自分たちの家を楽しもう

インテリアコーディネーター
久保 栄子さん

Re壁ボイス 久保栄子さん

Re壁ボイス 久保栄子さん

フリーのインテリアコーディネーター、久保栄子さん。
久保さんが自宅兼事務所として使われているのは中古で購入した築50年のマンションです。「自由にリフォームしていいマンションを探していた」とおっしゃる通り、玄関のドアを開けるとあっと驚く別世界が広がっていました。自由に、素敵に暮らすことの楽しさを自分自身が実践している久保さんだからこそ、インテリアコーディネーターとしての采配に説得力が生まれるのでしょう。

  • --これまでの経歴と共に、現在のお仕事について教えてください。

    インテリアコーディネーターとしての仕事を本格的に始めたのは子育てが一段落してからです。この仕事は、生活そのものや家事、子育てを経た主婦の視点が強味になる、そんな点がとても魅力でした。
    ハウスメーカーでの勤務からスタートしたのですが、壁紙やカーテンを選ぶ作業は100件以上担当したと思います。
    その後、不動産関係に転職。新築のお客様もいらっしゃいましたが、主にリフォームをされるお客様への内装のプランニングや、「ほかはそのままで、この壁紙だけ変えたいんだ」といった細部にわたる要望など、あらゆるご希望に対してご提案を行っていました。
    フリーになった現在は、コーディネート業務をこなしながらリフォームをされるお客様に「こういう工務店がありますよ」という橋渡し役もしています。といっても、大々的に言えるような仕事量ではなく、主婦業の傍ら自分の生活を大いに楽しみながらやっています。

  • Re壁ボイス 久保栄子さん
    PROFILE
    久保 栄子さん
    Eiko Kubo

    インテリアコーディネーターであり、家族と暮らしと住まいを考える研究グループ【KIWI labo.】のメンバーとして精力的に活動中。【KIWI labo.】では、2010年に「キッズプログラム ケーキ箱のお部屋作りワークショップ」をスタート。インテリア産業協会の研究事業に採択されたほか、大阪市とのタイアップ事業、2017年には愛知淑徳大学インテリア設計科の授業でも演習として取り入れられるなどの実績があり、教育現場を中心に全国各地でワークショップを開催中。
    また、オリジナルのキット【KIWIlabo.オリジナル ケーキ箱のお部屋つくりキット】が話題を呼んでいる。

Re壁ボイス 久保栄子さん

フリーのインテリアコーディネーターとして活動中の久保さん

 

--資格もたくさんお持ちですね。

照明士、福祉住環境コーディネーターなどの資格を取得しました。私の場合、それらを柱にして仕事を得るわけではないのですが、勉強を通じて得た知識が役立ったときはどんなに些細なことでも嬉しかったですね。

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

    室内にいくつもある照明器具は、すべて種類が違うという徹底したこだわりが

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

     

--現在、いちばん注力されているのは【KIWI labo.】というグループでの活動だそうですね。

【KIWI labo.】は、家族と暮らしと住まいを考える研究グループであり、ユニットです。名称は、「Kid’s Interior, Wonderful Interior」の頭文字から取ったもの。「子どもがすくすく育つような家こそ、理想の家」という意味が込められていて、メンバーは5名。私を含めた4名のインテリアコーディネーター、1名のおもちゃコンサルタントという構成で、子育て中に知り合いました。
当時はお互いが「仕事はしたいけれど、家事や子育てがあって思うように動けない…」というジレンマを抱えていたのですが、だったら「子どもたちに向けて何かできることを探せばいいのでは? やっていこうよ!」という思いから、意気投合したのです。

  • --具体的な活動内容は。

    「ケーキ箱のお部屋つくり」というワークショップを開催しています。ケーキ箱をお部屋に見立てて、その部屋のインテリアを、紙模型などを用いて組み上げてもらうというものなのですが、紙模型だけではなく、壁紙やカーテンは実際のサンプルを使用しています。
    子どもたちはもちろん、一緒に来られた親御さんまで目をキラキラさせていらっしゃいますよ。ご自宅のインテリアの参考になるようです。

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

    【KIWIlabo.】オリジナルの「ケーキ箱のお部屋つくりキット」が好評だ


--活動を通しての目標はありますか?

ありがたいことに、「ケーキ箱のお部屋つくり」はインテリア産業協会の研究事業に採択されたほか、大阪市とのタイアップ事業、2017年には愛知淑徳大学インテリア設計科の授業でも演習として取り入れられるなど、高評価をいただいています。
今後もこの活動を全国の学校・教育機関などに普及させ、子どもたちが好奇心を持ってインテリアに接する機会の創出を図りたいと思っています。

--さて、ここからは素敵なご自宅についてお聞きしていきます。築50年の中古マンションをリフォームされたとか? まず、玄関のドアを開けて驚きました。

気に入っている部分は残しつつ、「ザ・昭和」な感じの部屋から180度変わったのではないかと思います。「レトロ・モダン」をテーマにリフォームしました。
部屋のドアは、外側と内側で違うデザインになっています。これはアンティークの既成品なのですが、とても気に入りましたね。
和室の襖には、ウィリアム・モリスの壁紙を張っています。ただ、輸入壁紙だと幅が少し足りなかったので、悩んだ結果、国内で作っているものから選びました。モリスは派手な色柄のものもありますが、先にイメージしていた障子とのバランスを考え、色も柄も控えめなものをセレクト。もう一方の襖にも、柄違いでモリスの壁紙を張っています。色は同じでも、柄まで同じだとつまらないでしょう?

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

    ウィリアム・モリスの壁紙を和室の襖に張っている

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

     

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

    「レトロ・モダン」をテーマにリフォームされた室内

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

     

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

--お手洗いの壁紙がかわいいです。

主人のセレクトなんですよ。くまちゃんが描かれているこの壁紙に出会って、「こいつがいるのがいい!」って(笑)。選ぼうと思っていた色味でしたし、お手洗いって、ほっこりしたいところですよね。私も異存なく、このかわいい感じにしてみました。しかも自分たちで張ったんですよ。

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

    お手洗いの壁紙には、愛らしい「くまちゃん」がいる

  • Re壁ボイス 久保栄子さん

--ご主人のお部屋の壁紙は?

まだリフォーム途中なのですが、国産デニム生地を壁紙にした「デニム壁紙」にする予定です。ジーンズ好きで、ビートルズ好きな主人の好みにぴったり。どんどんインテリアを楽しんでほしいと思います。

--小物や家具も素敵ですね。

展示会でいただいた“モリス風”の壁紙のサンプルをフレームに入れて飾っています。最近は、壁紙をこのように使う方法も増えてきたように思います。 壁紙をアートとして取り入れると、いいアクセントになりますし、楽しいですよね。


Re壁ボイス 久保栄子さん

“モリス風”の壁紙をフレームに入れてアクセントに


--では最後に、インテリア業界や壁紙について忌憚のないご意見を聞かせてください。

業界というより、日本人はインテリアについての意識が低いように感じます。たとえば、内装材(壁材、床材、天井材)は部屋の中で大きな面積を占めるため、部屋の雰囲気を大きく変えることができるんですが、おうちを建てたほとんどの方が白い壁紙を選ばれているのではないでしょうか? 壁紙って実はいちばん遊べて、いちばん着手しやすいんですよ。「もっと自由に、自分たちの家を楽しもうよ」と、声を大にして言いたいです。
もちろん、我々の発信不足も否めません。私はインテリアコーディネーターとして、また【KIWI labo.】の活動を通じて、子どもたちへインテリアの啓蒙を続けていきたいと思います。

  • 今回おじゃましたのは...




Re壁Voiceタイトル Re壁Voiceタイトル

- BACK NUMBER -

  • Re壁ボイス 補正下着専門店 Chabi 原知佳さん
  • File No.21 2019.05.30 UP
  • 育乳ブラ&補正下着専門店 Chabi株式会社 ランジェリーデザイナー 原知佳さん
    いつもいつまでも美しく。女性の願いを叶える夢の空間。
    自らも補正下着によって美ボディを手に入れたというランジェリーデザイナーの原知佳さんに魅力ある商品づくり、またインテリアデザイナーの知識や経験を生かしたお店づくりについても語っていただきました。

  • Re壁ボイス ふすまっくす 松岡 健一さん
  • File No.19 2019.05.21 UP
  • 松岡表具店代表 1級表具技能士 松岡 健一さん
    日本の伝統と現代性をあわせた新しい楽しみ方を。
    伝統と現代性をあわせた表具・表装の新しい楽しみ方を、創業40年以上にわたって表具屋を営む松岡表具店の代表 松岡健一さんにおうかがいしました。

  • Re壁ボイス おうちソムリエ 松元さん
  • File No.17 2019.05.10 UP
  • おうちソムリエ 一級建築士事務所 代表 松元 幸樹さん
    壁紙はインテリアではなく、
    建築。

    壁紙によって設計を変えていく、という設計事務所があります。
    お客様のイメージやセンスをよく聞いて、住まいの外側だけでなく空間づくりから考えると話す、おうちソムリエ 一級建築事務所の松元幸樹さん壁紙との付き合い方についてお話をうかがいました。

  • Re壁Voice 有限会社ナンクルナイサァーケアネット 代表 乾亮二さん
  • File No.16 2019.05.08 UP
  • 有限会社ナンクルナイサァーケアネット 代表 乾 亮二さん
    おしゃれな壁紙にも癒される、カフェのある介護施設。
    重度障害者向けのデイサービス施設をつくり、事業を展開している、有限会社ナンクルナイサァーケアネット 代表・乾亮二さん。
    利用者はもちろん、働くスタッフや地域の人たちにも居心地のいい空間にするために提案したという内装のイメージや壁紙についてお話を伺いました。

  • Re壁ボイス 体験型民泊CYCLESTAY 三枝さん 鈴木さん
  • File No.14 2019.04.12 UP
  • FURUEL株式会社 建設事業部 三枝広章さん・二級建築士 / インテリアコーディネーター 鈴木恵里花さん
    民泊のリノベーション技「壁紙は最後のお化粧」
    クロスバイクでサイクリングを楽しめる体験型民泊。利用者専用のクロスバイクも完備。日本の良さを伝えるために内装にもこだわった民泊の新しい形。

  • Re壁Voice 渋谷ホテル えん 支配人 北川康太さん
  • File No.13 2019.04.10 UP
  • SHIBUYA HOTEL EN 支配人 北川康太さん
    日本の文化、“クールジャパン”を体現した壁紙
    オンリーワンな存在感を放つ内装で、国内にとどまらず海外からの旅行客の間でも評判になった「渋谷ホテル えん」。宿泊客にとって理想的な空間設計とはー。