[ Re壁チャレンジ Backnumber ]

Re壁チャレンジ モニター体験レポート #11
トイレ空間に
日本庭園を思わせる和の彩りを。

Re壁チャレンジ Data

所在地
愛知県 U様
施工場所
トイレ
広さ
1帖
現地打合せ日
2月25日(約1時間)
施工日
3月23日(9時から13時までの約4時間)
概算費用
約5万円
使用した壁紙


リリカラ
LV1001
リリカラ
LW2071
リリカラ
LW2498

今回の[Re壁ウォッシュルーム・チャレンジ]に登場していただくのは、愛知県にお住まいのUさん。
マンションにご主人、高校生と中学生のお嬢さん、小学生の息子さん、ご家族5人でお住まいです。
「トイレがきれいだと、毎日が気持ちよく過ごせるから」と、どんなに忙しくても、日々のトイレ掃除は欠かさないというUさん。
一方で、息子さんの卒業式にはご自身はもちろん、息子さんにも袴を着付けて出席したほど着物が好きで、伝統的な“和の暮らし”に憧れていると胸の内を語ります。
そんなUさんが望まれたRe壁チャレンジは、美しい日本庭園を連想させる壁紙のコーディネートでした。

-- おうちの中ではトイレ空間をとても大切にされていると伺いました。

トイレって自分ひとりになれる大事な空間ですよね。
風水的にもトイレをきれいにしておくことは重要だと、親しい知人から聞いていましたし。
何と言っても、トイレが清潔で爽やかだとその日一日を気持ちよく過ごせるでしょう。
なので仕事や家事に追われてどんなに忙しくても、毎日丁寧にお掃除するようにしています。

実は、うちの主人はトイレにとても長居するんです。
中でスマホをしたり電話をしたり、時にはお尻に便座の跡がつくくらい(笑)。
トイレの居心地がいいからこそ、それだけ落ち着いてしまうのでしょうね。



  • -- 今回、Re壁チャレンジへ応募されたきっかけは?


    毎日のお掃除は欠かさないものの、トイレへの不満は入居当時からありました。
    壁全体がグレーだったので、初めて入った時に「わ、暗いっ!」と驚いたほど。
    でもトイレだけ内装を変えるわけにもいかないし、それなりに費用もかかってしまうでしょう。 ですから、ずっと我慢していたんです。

    友達の中にはトイレをリフォームした人もいて「どの業者に頼んだの?」とか、「いくらくらいかかるの?」とか、話を聞くうちにトイレを変えたい欲求がますます高まっていったのです。
    そんな時、たまたまインターネットの懸賞サイトからRe壁チャレンジを見つけて「これだ!!」と。
    絶対当選したいと気合を入れて応募しました。

-- 当選のお知らせが届いた時はいかがでしたか?

これでやっとトイレが明るくきれいになる!と、大喜びでした。
ただ、家族には事前に相談をしていなかったので、当選の通知が来たと話しても反応は思いのほかあっさりしたものでした。
ですがいざ壁紙を選ぶとなった時には、これがいいとか、あっちの方がいいとか一緒に考えてくれて。
最終的にトイレのドアを開けて正面に見える、奥の壁紙は息子の意見で決まったものなんですよ。

-- Uさんご自身の好みやこだわりも活かされたのでしょうか。

私は和のテイストがとても好きなので、トイレの壁紙もそうしようとカタログの中の和風のカテゴリーを集中的に見ていました。
主人の実家は、襖を開け放てば家の中で法事や大宴会ができてしまうような畳敷きの和室がつながる、昔ながらの日本家屋。
私自身、着物を着てお出かけする会を作ってしまうほど着物が好きですし、そういう伝統的な和の暮らしや住宅に憧れていたんです。
将来的に子供たちがこの家を巣立ったあとには、家全体を和風に変えたいなぁと。
くつろげる和の空間を目指しています。



-- 好みのテイストがはっきりされているので、壁紙選びもスムーズに行ったのでは?

普通トイレに張る壁紙は1種類だけでしょう。
でも今回は3つ選んでもいいと言われたので、どうせなら3つ違うものにしたいと。
そうなってから、かなり迷いましたね。

私はとにかく明るい空間にしたかったので、はじめにヒマワリをモチーフにした壁紙を選んだのですが、主人から「狭い空間なのにこんな柄がいっぱいあったら落ち着かん」と言われてしまって、断念しました。
最終的には、京都の寺社にあるような日本庭園をイメージして、側面は流れるようなストライプが描かれた白地、奥には草木を思わせる緑と楓がデザインされた赤の壁紙を張ってもらうことにしたのです。

-- 施工会社の木村さんからは、どんなアドバイスがありましたか?

壁紙のカタログの中からいいなと思ったものを見せたところ、「これは薄い材質だから、下地のボコボコが出てしまうかもしれません」と。
そういうプロならではのアドバイスがいただけたのは良かったですね。
素人だと、どうしても色や柄だけで選んでしまいますから。

あと実寸のサンプルを見せていただけたのもありがたかったですね。
実際に自分の手で触って、厚みや素材感を確かめることができました。



-- 今日の張替え作業をご覧になっていかがでしょう

ベテランの職人さんだからでしょうか、実に手際がいいですよね!
こんなに狭いスペースなのに手間取ることなくシュッシュっとスムーズに作業されていて。
改めて、プロの技術は凄いなぁと感心しました。

-- では、最後に仕上がりの感想をお聞かせください。

思い描いていた通りのトイレ空間になって、本当に嬉しいです!
正直、3種類の壁紙でコーティネートしたらチグハグになってしまうのではないかと心配な思いも少しはあったのですが、全くそんなことはありませんね。
以前のグレーのみの壁紙と比べて、白い側面の壁が空間を明るく見せてくれますし、奥にある赤と緑の壁紙もしっくり合っています。
ちょうど屋内から、緑の草木と紅葉した楓がある日本庭園を眺めている感じで、とても素敵な和空間になりました。
それに、明るいだけでなく落ち着きもあって、主人が今まで以上に長居するかもしれませんね(笑)。

  • BEFORE

  • AFTER

  • AFTER

新しくなったトイレルームを見た息子さんからも「いいね!」と嬉しい感想が飛び出して、大満足のUさんでした。


アクセントとして選んだ奥壁にも満足いただけました!


Uさんがイメージした日本庭園を思わせる和の空間に仕上がりました。



Re壁チャレンジへのご応募
ありがとうございました!
施工会社から一言
  • 木村夢希さん

  • 今回Re壁チャレンジされたU様にもアドバイスしたことですが、壁紙を張替える場合、薄い材質だと、どうしても下地の凹凸が表面に出てしまいがち。
    ですので基本、現状のものより厚めの壁紙にすることをお勧めしています。
    壁紙はカタログやパソコンの画面を見て選んでいただくことが多いのですが、小さい画面の中だと色が濃いめに映ってしまい、実物を見てみたら思いのほか薄い色だったということが少なくありません。
    そこで、当社では実寸大のサンプルをお持ちして、検討していただくようにしています。
    家を新築されたり、リフォームされる場合、施主さんはご主人様でも、実際に内装をお決めになるのは奥様というケースが大半。
    私も女性ですから、色使いとか柄のコーディネートとか同じ目線や感性でお話しすることができ、共感を得やすいのではと思っています。

施工会社
  • 株式会社 文創

    愛知県名古屋市中村区京田町2-1
    TEL:052-485-5681
    FAX:052-486-6081