インテリアを活用したリモートワーク環境の整え方や飲み会を充実させるコツ

片山雄平
片山雄平
新型コロナウイルスの影響で、最近ではリモートワークを導入する企業が増えてきました。
リモートワークは効率的な側面もありますが、これまで仕事をしていた環境とは大きく異なるので、「いまいち集中できない…」と悩んでいる方は少なくありません。
そこで今回は、インテリアを活用したより快適なリモートワークの整え方をご紹介していきます。

テレワークやリモートワークに適した環境の整え方

リモートワークに対して、「スイッチが切り替わらない…」「なかなか捗らない」と悩みを感じている方は少なくありません。
仕事の環境がガラっと変わると、すぐに適応することは誰でも難しいものです。

このような悩みを抱えている方は、リモートワークの環境の整え方を知っておくことが大切。
例えば、自宅に以下のような工夫をとり入れると、会社より集中できる環境を整えられる可能性があります。

1.便利なアイテムを効果的に使う

理想的なリモートワーク環境を整えるには、普段使用する「アイテム」に目を向けることが大切です。
例えば、以下のようなアイテムを効果的に使うことができれば、仕事に集中しやすい環境をしっかりと整えられるでしょう。

リモート環境で便利なアイテム 概要やポイント
・イヤホン パソコン内蔵のスピーカーでは音を聞き取り辛いため、別売りのものを購入することが望ましい。
・マイク リモート会議で使用するマイクのこと。音質を考えると、パソコン内蔵のものより別売りの製品が望ましい。
・スタンド ノートパソコンやタブレット用のスタンド。正しい姿勢を維持しやすくなるので、疲れにくい環境を整えられる。
・サブディスプレイ パソコンの画面を増やすためのディスプレイ。大きいサイズを用意すれば、メールなどの文字が見やすくなる。
・スタンディングデスク 座りっぱなしを解消するためのインテリア。定期的に立ち仕事に切り替えると、集中力を維持しやすくなる。

上記のほか、姿勢を正すためのアイテムや、デスクの上をきれいに片づけるためのアイテムなども効果的。
便利なアイテムは数多くあるので、実際の仕事の流れをイメージしながら、環境を整えられるアイテムをひとつずつそろえていきましょう。

2.自分の身体に合ったチェアを選ぶ

仕事に長時間集中できる空間を作りたいのであれば、「チェア」にもこだわる必要があります。
では、在宅環境に最適なチェアを選ぶ際には、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。

【1】デスクと高さが合っているか
【2】腰をしっかりとサポートしてくれるか
【3】クッション性があり、お尻が痛くならないか

上記の【1】~【3】を意識するだけで、身体に負担が溜まりにくい環境を整えられます。
インテリア性ももちろん大切ですが、機能性を重視しないと腰などを痛めてしまうリスクもあるので、チェアを選ぶ際には細心の注意を払いましょう。

また、チェアは背もたれの高さによって、大きく以下の3つの種類に分けられています。

  メリット デメリット
・ローバック ・見た目がコンパクト
・部屋に置いても圧迫感がない
・疲れやすい
・ミドルバック ・バランスが良い
・商品数が多い
・ハイバックに比べると疲れやすい
・ハイバック ・リラックスしやすい
・疲れにくい
・圧迫感がある
・重いため運びづらい

チェアに長時間座ることが多い方には、背もたれが高いタイプのハイバックがおすすめです。

スタンディングデスクと併用したり、ゆったりとした空間を作ったりしたい方は、圧迫感の少ないローバックやミドルバックから選んでみましょう。

3.「どこで何をするのか」を意識し、最適なデスクを選ぶ

チェアと同じく、デスクもリモートワークの効率を大きく左右するインテリア。

部屋にぴったりなデスクを選ぶ際には、「どこで何をするのか?」をしっかりと意識して、必要な機能性を見極めることが重要になります。

例えば、常にノートパソコンや資料、手帳などを広げるのであれば、それなりに大きいデスクを用意しなくてはなりません。

ただし、デスクは圧迫感が生じやすいインテリアなので、「必要最低限の大きさ」に抑えることが大切です。

また、引き出しや配線収納などのアイテムを追加すれば、多少モノが多くてもすっきりとした見た目になるため、デスク以外のアイテムにも目を向けてみましょう。

リモート飲みを充実させるアイデア

新型コロナウイルスの影響で、世の中のサラリーマン・OLは「リモート飲み会」をする機会が増えたはず。

お店での飲み会と比べると味気無さを感じるかもしれませんが、実はリモート飲み会も工夫次第で充実させることができます。

例えば、画面の背景におしゃれなインテリアが映ると、「その●●かっこいいね」「オシャレな部屋だね!」のように褒められる可能性が。

また、本棚が映るようにカメラを調整しておけば、本の話をきっかけに場が盛り上がるかもしれません。

ただし、リモート飲み会はコミュニケーションを取りにくい側面があるので、以下のように「スムーズに進行させること」や「皆が楽しめること」を意識することも大切です。

  • タイムテーブルを作っておく
  • 声がかぶらないようにするため、3~5人の班割りを決めておく
  • 話さない人はミュートにするなど、基本的なルールを決めておく

万全の準備をしておけば、リモート飲み会でもお店と同じように盛り上がれるので、特に雰囲気やルールはしっかりと作っておきましょう。

雰囲気をガラっと変えたい方には、壁紙の張替えがおすすめ!

リモートワークやリモート飲み会では、背景を作りこむとオシャレで楽しい雰囲気を演出できます。
背景は配置する家具やアイテムによっても変わりますが、雰囲気をガラっと変えたい方には「壁紙の張替え」がおすすめ。

例えば、ダークグレーやホワイトなどのシンプルな壁紙に張替え、カメラに映るようにさりげなく観葉植物を置くと、植物が効果的なアクセントになります。

また、賑やかな雰囲気を演出したい方には、可愛らしい柄物の壁紙もおすすめです。
そのほか、部屋の一部にアクセントウオールをとり入れたり、木目調の壁紙で空間を落ち着かせるなど、壁紙にはさまざまな活用方法があります。

当サイト「Re壁」では、幅広いカラーやデザイン、テイストの壁紙をご紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

木目柄の壁紙一覧

花柄・植物柄の壁紙一覧

 

リモートワーク環境を整える前にはしっかりと計画を

最適なリモートワーク環境を整えるには、計画を立てた上で作業に取りかかることが大切です。
無計画の状態では理想的な空間を作り出すことが難しいので、特に使用するアイテムやベースとなるカラーは事前に決めておきましょう。

また、生活空間の雰囲気を思い切ってガラっと変えることは難しいため、どうしても集中しきれない方にはRe壁(壁紙の張替え)にチャレンジすることをおすすめします。 

Re壁チャレンジモニター体験レポート

CONTENTS


フォトコレクションキャンペーン