床にあった壁紙で部屋をおしゃれに演出しよう!

kabe_writer
kabe_writer
はじめに
過ごしやすくもおしゃれなお部屋を演出するためには、インテリア全体のイメージ作りが大切になってきます。 そこで押さえておきたいポイントが、床と壁紙のカラーバランス。 このベースカラーはインテリア全体の約70%程を占めると言われ、実はインテリアイメージにしっかり影響します。お部屋のイメージにしっくりきて、「おしゃれ!」と言われるようなお部屋にするには? 今回は、ステキなインテリア作りに欠かせない床と壁紙のカラーバランスの取り方やナチュラル系、モダン系のお部屋の床に対する壁紙選びのポイントで注意したい点をまとめてみました!

【ベーシック編】「しっくりくる」床と壁紙のカラーバランスの取り方

重厚感のある洗練された雰囲気を持つお部屋にしたいのか、優しく明るい雰囲気に包まれた部屋にしたいのかなど、まずはお部屋そのものの「こうしたい!」というイメージについて考えてみましょう。 床と壁紙のカラーバランスを見るために気を付けたいのは、床と壁紙の色のコントラストのをどのくらいつければ理想のイメージに近づくのかという点です。

まずはお手本にしたいインテリアの写真などを観察してみましょう。床と壁のカラーバランスはどうなっていますか? 一般的に、無彩色や濃色の床色のお部屋には、明るい色合いの壁紙を選ぶ際にも、グレーがかったものを選ぶと収まりが良く仕上がるとされています。

グレー系の壁紙一覧はこちらから ⇒

また、黄味や赤味が強めの床色のお部屋には、ベージュ系の壁紙を選んでいただくと、統一感が出て、しっくりと落ち着いてくれます。

ベージュ系の壁紙一覧はこちらから ⇒

彩度の低いベージュ・ブラウン系の床色には、すっきりしたベーシックな白が好相性です。

白系の壁紙一覧はこちらから ⇒  

お部屋の床色に合うベーシックな壁紙の色はどれでしたか? ここでご紹介したのは、いずれも「しっくりくる」壁紙を選ぶ目安 では、ワンランク上の「おしゃれ!」と言われるお部屋にするには…次項の【アレンジ編】に進みましょう。  

【アレンジ編①】ナチュラル系にしたい場合の床材と壁紙の組み合わせは

ナチュラル系のインテリアにしたい!そんな時の床と壁紙のカラーバランスについてお話します。 まずはシンプルに床色だけのお話。ナチュラルで開放を感じるお部屋に見せる為に効果的な方法は、床、壁、天井の順番で徐々に色味を明るくすることです。 部屋の低い箇所から高い箇所へとグラデーションを作ることによって部屋に自然な抜け感を与えることができ、開放的な空間を演出することができます。

また、素材が木目調の床の場合には、壁紙に、暖色や寒色でも淡いトーンのものを取り入れると、すっきりとしたおしゃれ感のあるナチュラルさが演出できます。 もうひと工夫という方には、柄やテクスチャーのある壁紙を一面だけアクセントとして取り入れるのもおススメ。 小さな花柄や真っ白なレンガ柄、無垢材のような木目柄などをプラスすれば、遊びゴコロのある個性的な雰囲気を作ることもできます。

花柄系の壁紙一覧はこちらから ⇒

レンガ・タイル柄の壁紙一覧はこちらから ⇒

木目柄の壁紙一覧はこちらから ⇒  

【アレンジ編②】モダン系にしたい場合の床材と壁紙の組み合わせは

モダン系のインテリアがお好みの方には、こんな床と壁紙の選び方がおススメです。 一般的に、床は無彩色系や彩度の低めなベージュ・ブラウン系に対して、グレーやホワイト系の壁紙を選ぶと、すっきりしたモダンな雰囲気に落ち着くと言われています。

が、そこでプラスオン。モダン系のイメージのお部屋を、よりスタイリッシュにしてくれる、メリハリの効いたアクセントカラーを壁紙で取り入れてみましょう。 お部屋の一面だけ入れるアクセントは、色が濃いものであればパキッとかっこよく、色が淡いものであれば柔らかい雰囲気をプラスしてくれます。

また、テクスチャーや柄物もおススメ。モルタルやシャープなタイル、レザー調など素材感がモダンなものや、幾何柄やストライプといった柄物など、張るだけでお部屋をよりモダンに見せてくれる壁紙がたくさんあります。 意外な組み合わせや斬新な組み合わせを取り入れて、ワンランク上のおしゃれでモダンなお部屋を目指してみましょう!  

まとめ

今回はベーシック編に加え、インテリアイメージとしては馴染みのあるナチュラル系とモダン系のアレンジ編をお届けしました。 お家によっては床色を変更するのが難しいとこもあるかと思いますが、ラグやソファなど壁や床の次に面積の広い部分の色で調整する事もできます!

アクセントになる壁紙の色に合わせて、クッションの色を変えたり、あえて反対の色を作ってみたり…小物からでも色を意識するだけでお部屋全体の印象がパッと変わったりするものです。 たくさんある選択肢を楽しく悩んで、「自分らしい」お部屋を作ってください!