自分だけの空間を実現!”壁紙”ならではの魅力とは?

wacoa_admin
wacoa_admin

前回はRe壁[リカベ]の入門編として、実際の施工例をいくつかご紹介しました。

壁紙選びは、トレンドに合わせたり、好きな組み合わせをすることで、自分だけ空間を演出する事ができます。

様々な施工例がありますが、今回は少しだけ具体的な例をご紹介いたします。

壁紙の魅力は空間を演出できること

可愛い壁紙のリビング

壁紙の最大の魅力は、好きな壁紙を選んで自分だけの自由な空間を演出できること。

たとえば、無垢のヒノキやタイルを使って高級感を出そうとすると、素材だけで多くのコストが掛かる場合があります。

素材によっては思ったような仕上がりにならなかったり、アクセントをつけようとすると費用がさらにかさんだり、「なかなか踏み切れない…」とお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。

壁紙は価格帯も様々で、デザインのバリエーションも豊富です。

特に近年ではさまざまなカラーや柄が登場しており、個性豊かな空間を演出できます。

 

壁紙は選択肢が豊富だからこそ、自分だけの空間を演出できる

「沢山の種類の中から壁紙を選ぶ事が難しい」「何を基準に選んだらいいか分からない」とお考えの際は、

⇒「豊富な壁紙」

でも紹介している5つのポイントについて、まずはカテゴリーと特徴をご紹介します。

 

■5つのポイント

  カテゴリー
  カラー テイスト パターン 素材 機能性
特徴 色にはパワーがあります。元気が出ないならレッドやオレンジ系。

落ち着きが欲しいならブラックやブルー系など、壁色で気分一新!

お部屋の印象を左右するのは、なんといっても「柄・デザイン」。

お気に入りのテイストで、空間を一新!

上手に「パターン(柄)」を活かすことでアクセントが生まれます。

あなただけのオシャレなお部屋ができあがります。

壁紙の素材は大きく分けて8種類。

素材次第で、壁紙の質感や雰囲気は変わります。

毎日をともにする空間には、安心性や快適性にもこだわりを。

壁紙は、“心地よさ”でお選びください。

壁紙のカテゴリーを大きく5つに分け、それぞれの特徴を明記しています。

カテゴリーや特徴以外にも、キーワードによる絞り込み検索も可能な「豊富な壁紙」ですが、

今回はどのようなカテゴリー・特徴を意識し壁紙選びをして空間が出来上がっていたのか。

補足を含めて実際のRe壁5つのポイントと合わせてご紹介致します。

 

デザイン性の高い壁紙を選ぶことで、「どこにもないリビング」を演出!

思い切って柄物の壁紙を使うことで、雰囲気を変え印象強い空間を演出する事ができます。

例えばこちらの施工例では、デザイン重視のパターン柄の輸入壁紙をリビングに取り入れています。

特別感・高級感のあるリビング

目指したのは、 どこにもないリビング。 | Re壁[リカベ] | 壁紙から、くらしを、あたらしく。

1面の壁紙を変えるだけで、特徴的なデザインによる高級感を見事に演出できています。

 

殺風景なトイレが、日本庭園のような空間に!日本庭園をイメージしたトイレのRe壁

こちらの施工例では、和のテイストを含んだ3種類の壁紙を組み合わせることで、

日本庭園のような落ち着いた空間を演出しています。

#11 トイレ空間に日本庭園を思わせる和の彩りを。
リカベモニター体験レポート | Re壁チャレンジ

トイレは毎日使う空間だからこそ、壁紙を変えると生活そのものの雰囲気を変えることになります。

和をイメージした「カラー」「パターン」「素材」を上手く組み合わせつつも、

トイレ空間なので場所を考慮した「機能性」に該当する、右側の白い柄の壁紙は「防かび」機能をもった壁紙を選んでいます。

 

最初に目に入る壁紙は、部屋のイメージを大きく左右する

水玉模様の壁紙のリビング

壁紙はお部屋のイメージを大きく左右する要素であり、空間から受ける印象は大きく変わります。

住宅設計においても壁紙の重要度は非常に高いので、以下の記事のように「壁紙はインテリアではなく、建築」と考えるような考えをもった専門家もいらっしゃいます。

壁紙はインテリアではなく、建築。

 

雰囲気を変える方法としては、照明設計や家具の新調などがありますが、インテリアでは雰囲気の一部を変える事はできますが、全体のイメージを変えるにはトータルでコーディネートをする必要があります。

その点、壁紙は大きな面積を占める要素であり、かつバリエーション豊富な素材が用意されているので、壁紙の張替えは空間をデザイン、という事にもなります。

印象的な柄の「テイスト」「パターン」は空間をより独創的に仕上げる事ができます。

 

もはや自宅だけではない!さまざまな場所の雰囲気づくりを担う”壁紙”

保育園やカフェ、介護施設などをはじめ、あらゆる商業施設でもインテリアデザインとしての壁紙が広く利用されています。

たとえばこちらの保育園では、打ち合わせスペースに方眼紙柄の壁紙を使うことで、掲示物を真っすぐに掲載しやすいユニークな空間を実現。

保育室はポップなテイスト、隔離室は温かみのある柄を選び、スペースごとに壁紙の雰囲気を大きく変えている点も特徴的です。

特徴的な「テイスト」のデザイン壁紙を選んでいます。

ユニークな壁紙の保育園

保育園の空間設計は、余裕をもってこそいろいろな遊びかたができる。 | Re壁[リカベ] | 壁紙から、くらしを、あたらしく。

 

こちらでは心地良い雰囲気を演出するために、グリーンの配色で柄壁紙をピックアップ。

細かい柄がアクセントにもなっており、ナチュラな空間に合わせた「カラー」「パターン」柄を選び空間を演出しています。

既存の家具ともバランスを崩さない様に「テイスト」も意識しています。

 

グリーンの壁紙のカフェ

おしゃれな壁紙にも癒される、カフェのある介護施設。 | Re壁[リカベ] | 壁紙から、くらしを、あたらしく。

ぴったりな1枚を選べば、日々の暮らしや気分を一新できる!

壁紙選びに悩んだ際に「5つのポイント」参考に壁紙を選んでみてはいかがでしょうか?

「豊富な壁紙」では5つのポイントから、あなたにぴったりな壁紙をみつけることができます。

工夫次第では様々な雰囲気を演出できるので、ご自身にぴったりな1枚を選んで、毎日の暮らしや気分を変える事もできます。

この他にも、さまざまな事例や施工例、壁紙をご紹介していますので、ぜひRe壁[リカベ]サイトをご活用ください。

CONTENTS